2015年09月18日

■9/10-11 岡山大学農学部対象に人材育成講座を開催しました■ 



rain.png

皆様いつもご覧くださり誠にありがとうございます!
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です。

本日はタイトルにもありますように、
9月10日〜11日の2日間にかけて
【真庭市バイオマス産業人材育成講座】を開催しましたので
写真と一緒にご紹介させていただきます晴れ

rain.png

●写真はクリックしていただくと拡大します


 

今回は、計12名の学生(一年生6名、3年生4名、院生2名)と
岡山大学農学部 神崎 浩先生、宮崎 祐子先生
2名の先生にご参加いただきましたexclamation

1日目は真庭バイオマスラボにて講演中心に。
2日目は実際に山へ行き、体験学習中心で行われましたひらめき

 
まず開催にあたり
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会
会長 大月 隆行氏より
開会の挨拶
人材1.png
(左:協議会 大月会長)
 
続きまして、
真庭市 林業・バイオマス産業課
石倉 阿季氏より
『真庭市の取組紹介』
人材2.png
(林業・バイオマス産業課 石倉 氏)

続きまして、
岡山大学農学部
助教 宮崎 祐子先生による
『気候変動に対する森林の応答を測る』について
人材3.png
(岡山大学農学部 宮崎先生)

次に、
一般社団法人 アシタカ 
代表理事 赤木 直人氏による
『小さな里山資本主義』について
人材4.png
((一社)アシタカ 赤木 氏)

次に、
真庭バイオケミカル株式会社
専務 網屋 繁俊氏による
『セルロースナノファイバーの高機能化研究について』
人材5.png
(真庭バイオケミカル梶@網屋 氏)

講演後、真庭バイオマスラボにて交流会かわいい

 
人材8.png

交流会では学生の皆様に今回参加された理由などを
お聞きすると、
かなりの方が2日目の体験学習を
とても楽しみにしていらっしゃいましたexclamation×2

「授業でやらないことを学びたい」
「いまのうちにいろいろ体験したい!」
とか
「真庭を知らないので知りたい!」

などとお声が上がっていました。
交流会は程よい時間で終了し、
2日目は朝早くからのですのでゆっくり休んでいただく・・・
となればいいですが(笑)

rain.png

今回の宿泊先は、
男性陣【中和の隠れ家】
女性陣【楽時屋】
入浴は
【蒜山なごみの温泉(ゆ)津黒高原荘】
でした晴れ
rain.png

では、2日目のご紹介。

朝一は
津黒高原荘 薪集積場にて
【薪割体験】

ここでの薪は
前日入浴した、津黒高原荘の温泉の湯を沸かすのに使用されます。
この薪プロジェクトについては以前の日記にて
詳しく掲載しておりますのでそちらをご覧ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人材9.png
(津黒高原荘 薪集積場)


前日に引き続き
(一社)アシタカの赤木様よりレクチャーを受け開始exclamation

人材10.png

斧と薪割り機との2班に分かれて作業します。

人材11.png

途中、岡山大学農学部の神崎先生と宮崎先生も参戦パンチ

人材13.png
(左:神崎先生安定の斧使いぴかぴか(新しい)
右:宮崎先生の切られてる木・・・
大きくないですか???)

そしてお次は、
この薪たちが使用される
【津黒高原荘 高性能薪ボイラー】の見学です。

人材14.png

そしてそして、次は、
鳥取大学教育研究林である
【蒜山の森】の見学です!


イメージで言えば足場のように組み立てた(下の写真参照)
ジャングルジムが研究対象のコナラの木の高さまで設置してあるのです。
正式名称は《オープントップキャノピーチャンバー》ですひらめき
森林生態系に関する研究に使用されています。

人材15.png

ヘルメットと安全帯を装着し、いざ出陣exclamation×2

 
人材16.jpg

じつにこのジャングルジム、20Mあります。
「蒜山の森」自体標高が高いのにさらに上がる・・・

わたくしめ、高所は苦手・・・なので、
(まぁ、下から写真を撮ればいいか〜♪)と思っていましたが、
学生の方に、
「私も高いところは苦手です!
でもこんな機会なかなかありませんよ!
一緒に登りましょう!!」
若く澄みきった目で私を見つめてくださるので、
根性出してがんばって登らせていただきましたあせあせ(飛び散る汗)

人材19.png

----------(心の声)---------
ぐぁ〜〜〜た、高い。
空がち、近い・・・
下は見てはいけないふらふら
------------------------------

人材18.png

 
実は前日まで雨だったのですが、
なんとこの晴れ空晴れ

学生の皆様もジャングルジムから見える景色に
癒されておりましたかわいい

森の中は本当に緑に囲まれて、
見渡す限りが木々。
熊笹も生い茂っており、
懐かしく笹舟を作ってみたり。

人材20.png

こうして、今年の
岡山大学農学部様の
人材育成講座は終了しました。



皆様、十分に真庭を知り、体験していただけたでしょうか??
まだまだという方は、
是非またお越しくださいませexclamation×2


rain.png

ここで告知させていただきます。
10月10日(土)に、
岡山大学創立五十周年記念館(金光ホール)にて
14:30〜16:30
『岡山における森林バイオマス利用の取組』
と題して、
第66回応用森林学会大会公開講演会が開催されます。

参加費は無料ですので是非ご参加くださいexclamation

詳しくは↓


rain.png

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

この辺りで失礼いたします。


























posted by 真庭バイオマスラボ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成講座

2015年09月07日

【8/31〜9/1「真庭バイオマス人材育成講座」を開催しました!】


 


b_illust_6_0M.png

皆様いつもご覧くださり誠にありがございますexclamation
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です。

本日は、タイトルにもありますように、

『もみ殻シリカ高度利用コンソーシアム・岐阜大学・静岡大学』主催


(一社)真庭観光連盟後援により

【バイオマス利用技術研発表会/真庭バイオマス人材育成講座】
8/31(月)午後〜9/1(火)にかけて

《セルロース系バイオマス素材利用研究実施者》を対象に開催しましたので、
その様子を写真と一緒にご紹介させていただきます晴れ


b_illust_6_0M.png


8月31日(月)の午前中には
環境省「環境研究総合推進事業」、生研センター「革新的技術想像事業」
及び環境省「二酸化炭素排出抑制対策事業」の技術連携、情報共有を目的に、
中間報告会を真庭バイオマスラボを会場に開催していただきました。


b_illust_6_0M.png

※写真はクリックしていただくと拡大します

同日、午後より
「バイオマス利用技術研究発表会/真庭バイオマス人材育成講座」
を開催。

まず講座開催にあたり
MBRC副会長であり、
産業技術総合研究所 機能化学研究部門
遠藤 貴士先生より開会の挨拶を頂戴しましたぴかぴか(新しい)

enndou.jpg
(産業技術総合研究所  遠藤 貴士先生)


次に、
真庭市 林業・バイオマス産業課による
「真庭市のバイオマス関連の取組」についての概要説明

isikura.jpg
真庭市 林業・バイオマス産業課 石倉 阿季氏)

続いて、MBRCメンバーであり、
真庭バイオマスラボ現入居企業及び入居予定企業による
バイオマス利用技術のご紹介

ラボ入居者.png

写真上から、

FONTEC R&D社 市 隆人 氏
真庭バイオケミカル社 網屋 繁俊 氏(今年内入居予定)
モリマシナリー社 山本 顕弘 氏


続きまして、講座参加の各研究機関による研究発表
各研究機関.png

(写真左上から右へと発表者順にお名前をご紹介させていただきます)
ボゴール農科大学 Fauzi Febrianto先生、
ボゴール農科大学 Lukmanul Hakim先生
近畿大学 白石 浩平先生、神崎 有加氏、
大阪工業大学 長尾 将幸氏
静岡大学 加藤 大佑氏、山口大学 佐藤 優斗氏
岐阜大学 丹羽 沙織氏、岐阜大学 勝 永毅氏
同志社大学 松岡 敬先生、同志社大学 田中 博之氏
岡山県立大学 池野 沙弥香氏、山口大学 AZUMI氏

その後意見交換会・情報交換会(交流会)がとり行われました晴れ

交流会.png
(左:静岡大学 鈴木 滋彦先生による乾杯)

御前酒 ナインで乾杯バー

初めて真庭市に、真庭バイオマスラボにお越しだったり、
数回目の方も居られたりでしたが、
初めてと仰った方に真庭の感想をお聞きしてみると、
「木を積んだトラックがとても頻繁に走っているんですね!
自分の居住のところでは見られない光景で、
とても新鮮に思いました。
それだけ製材業などが盛んだと分かりました。」
や、
「空気がとっても綺麗ですね!」
「民官の連携が出来ていてすばらしい。」
や、
「このような機会でこちら(真庭)に来させていただいて、
いいご縁をいただきました!」

などなどの嬉しいお言葉を頂戴し、
有意義な時間を皆様と過ごし、一日目を終了しましたひらめき

b_illust_6_0M.png

二日目の9月1日(火)も
真庭バイオマスラボを会場にスタートし、
参加機関による
『バイオマス利用の最先端』と題して
各研究室等の取組のご紹介をしていただきました!

0901講演.png

取組発表順に上から、

岡山県立大学 小武内 清貴 先生
岐阜大学 寺本 好邦 先生
大阪工業大学 上辻 靖智 先生
トクラス梶@吉川 世里奈 氏

発表後は、「真庭バイオマスラボ見学」
産業技術総合研究所 遠藤先生によるご案内〜かわいい

ラボ案内.png
(ラボ機械室や正面玄関にある展示物の説明、入居室など案内していただきました)


機械稼動.png
(左:モリマシナリー山本氏の高速ミキサーよる実験見学
右:トクラス岡本氏による射出成型機体験)


その後、ラボを後にしバスに乗って

まずは

バイオマスツアー真庭専用の昼食を
勝山町並み保存地区にある
《田吾作》にて召し上がっていただきましたexclamation

田吾作 弁当.png
(勝山町並み保存地区内 【田吾作】にて)



本来ならばお食事後、町並みを散策していただきたかったのですが・・・
生憎この日はまさかの大降り雨
残念ではありましたが、
前日(8/31)の情報交換会で、真庭市の「地酒で乾杯推進条例」に基づき、
「御前酒 ナイン」で乾杯をしていただいたこともあり、
せっかくなので、町並み内にある、
「御前酒 辻本店」のみバスに乗ってご案内させていただきましたバス

続きまして、
真庭市内のバイオマスに関連する企業・工場を
視察していただき、
バイオマス事業と地域産業との関りについて
理解を深めていただきました。

ツアー.jpg
写真上一列目 「真庭バイオマス発電梶@真庭バイオマス発電所」
三列目「真庭市役所本庁舎」
四列目「ランデス

真庭市役所内でトイレ休憩をとっていると、
学生の皆様が
「おお〜!」っと声を出して驚いているので
なんだろう?と覗いてみると、
エレベーターが開くたびに驚いています。
理由を聞くと、
内壁の一部に木材が張ってあることに驚いておられたようexclamation

エレベーター.jpg

↑このような内装です。
見慣れれていて分からなかったのですが、
確かに珍しいですよね〜ひらめき

真庭市役所本庁舎にお立ち寄りの際は
是非ご覧になってみてください〜ぴかぴか(新しい)


視察後、真庭バイオマスラボにて解散バス
こうして2日間が終了しました。

b_illust_6_0M.png

かわいい最後に記念の集合写真かわいい
(※すべての方が写ってはおりませんのでご了承ください)

DSC_0168.JPG
(8/31 休憩中にパチリ)
_1100029.jpg
(9/1 真庭バイオマスラボに帰ってからパチリ)

最後はわたくし藤久もご一緒させていただいて、パチリぴかぴか(新しい)

集合写真.jpg

このように、
「真庭バイオマスラボ」を活用していただき、
真庭のバイオマスリファイナリー事業の取組や、
木質バイオマス利活用などを広く知っていただく事ができましたexclamation

そして、このような機会をいただくことによって、
沢山の大変すばらしいご縁を頂戴しましたぴかぴか(新しい)


本会開催に辺り、事務局ご担当された
トクラス鰍vPC事業推進グループ 伊藤 弘和様、
参加機関の皆々様、
真庭バイオマスラボでの本会開催、来真庭、
誠にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

b_illust_6_0M.png

本日はこのあたりで失礼します。
最後までお付き合いありがとうございました。

b_illust_6_0M.png












posted by 真庭バイオマスラボ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成講座