2016年02月22日

川東小学校のみなさんにエコキャンドル作りを体験してもらいました



冬3.gif



いつも事務局日記をご覧いただきありがとうございます
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です

2月8日(月)

真庭市(旧落合町)にある 川東小学校4年生のみんなに
エコキャンドル作りに挑戦してもらいました



冬3.gif


川東小学校の4年生のみなさんには
出前授業・バス見学を通じて
『バイオマスとは?』を学んでもらいました(記事はこちら
今回は 身近なものを使ってこんなリサイクルもあることを
楽しく知ってもらえたらと思います



みなさんのご家庭から廃食油を集めて作ります

廃食油と言えば・・・
湯原温泉の旅館などから排出されている
使用済み天ぷら油からBDF(バイオディーゼル燃料)を精製し
湯原温泉各旅館の送迎用車両の燃料として使用されています


ブログ201602.jpg


さてさてエコキャンドルの作り方は当ブログでも何度か
紹介させてもらいましたが(過去の記事はこちら


みんなのお家から持ってきてもらった牛乳パックを半分に切って
中にクレヨンを削ります(今回はものさしを使いました)
各班の中で色を交換できるように何色にするかも大切です


ブログ1.jpg


80度に温めた廃食油に 凝固剤を入れます
クレヨンの入った牛乳パックに注いで
クレヨンを溶かします
キャンドルポットに注いで固まるのを待ちます
1色目が固まったら 班のお友達と交換して色を重ねると
2色〜3色の層になったキャンドルができます

ブログ2.jpg

後日 4年生のみなさんから
林業・バイオマス産業課宛にお礼のお手紙が届きました
『思ったより簡単にできた』
『お家でも作ってみたい』
『廃油がこんなにきれいなキャンドルになるとは知らなかった』
『クレヨンを削るのがむずかしかった』 等々 感想を送ってくれました



お礼状2.JPG
【みんなありがとう】


冬3.gif



真庭市林業・バイオマス産業課では
真庭市内の小・中学校・高等学校の授業時間を活用して
出前講座の開催や、地域内のバイオマス関連施設の
視察・現場体験等を行っております
地域の産業を知る機会になれば幸いです



では本日はここまで
最後までご覧いただきありがとうございました

posted by 真庭バイオマスラボ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオマス普及啓発

2016年02月09日

〜そのA〜『nano tech 2016』の記録




b_illust_6_0M.png

皆様、いつもご覧くださり誠にありがとうございます♪
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です。

本日は、前回の続きで、
出展しました
『nano tech 2016 国際ナノテクノロジー総合展』の記録
そのAをかかせていただきいと思いますexclamation

少々協議会から脱線した内容も含みますが、
ご了承くださいませm(__)m

b_illust_6_0M.png

沢山のブースがある中で、
新素材として注目されている
「セルロースナノファイバー(CNF)での研究等
展示されているブースが
本協議会以外にも多々ありました。
その一部のブースへお邪魔してきましたぴかぴか(新しい) 

まずは、
【nano tech 大賞2016 <新人賞>】を受賞された、

受賞理由は、
『次世代素材のセルロースナノファイバーの製造技術を開発、
日本に豊富にある木材の有効活用に貢献する点』とのこと。

その他の【nano tech 大賞2016】↓↓↓から


ナノ2.jpg
(写真は、表彰を受けられている森林総合研究所 林先生とブース内)

林先生はと〜っても気さくな方でいらして、
丁寧に説明していただき、
ブース内の撮影もひとつ返事でご快諾exclamation
ブログ掲載も
「発信して下ってありがたいですよ〜。」と仰っていただきました。

林先生と記念撮影が出来なかったのが心残りでございます〜ふらふら

森林総合研究所様、林先生ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

先日の2/7に放送されたNHK「サキどり」にて
「nano tech2016」展示会の様子や、
上写真の森林総合研究所ブースや林先生、
産業技術総合研究所様のブースも紹介されていました。

放送された内容は↓↓↓
(NHK「サキどり」ホームページへジャンプ)




b_illust_6_0M.png

 
お次は、
お隣に出展されていた
【ナノアグリプロジェクト 東大チーム】の皆様です
こちらもナノセルロースを用いての研究内容でしたパンチ

ナノテク東京大学.png
ナノアグリプロジェクト 東大チームの皆様と)

出展内容は、
農研機構生研センター
「革新的技術創造促進事業(異分野融合共同研究)」によるもので、
『ナノセルロースを鋳型として用いた
不溶性プルシアンブルーの合成と除染応用』

【ナノアグリプロジェクト 東大チーム】様ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

b_illust_6_0M.png

こういった県外の展示会にまいりますと、
必ずと言っていいほどに、
「岡山出身です」「真庭出身です」「岡山の会社です」
という方々にお越しいただけるのですが、

今回も沢山お越しいただいた中で、
真庭市出身で現在は横浜でお勤めという方のご紹介。

なんと・・・

その会社ですが、
【株式会社 フジキン 】様

ご存知の方もいらしゃるかもしれませんが、
人気ドラマ「下町ロケット」
撮影用ロケットバルブを製造された会社だったのですひらめき

詳しくはこちらよりご覧ください↓↓↓
(フジキン社ホームページ トピックスへ)

「下町ロケット」
毎回泣くほどドはまりで見ていたわたくしにとって、
神がかりな出会いでございましたもうやだ〜(悲しい顔)(うれし泣き)
しかも真庭ご出身の方だなんて・・・

ブースには
「佃製作所」と「帝国重工」の作業着と、
あの「ロケットバルブ」が展示してあり、
なんと
作業着を着用して写真を撮っていただきましたぴかぴか(新しい)
ナノ8.png
(左:フジキン社の皆様
右:真庭市ご出身の田村様と一緒に)

しかも

撮影用ロケットバルブを
大事にしまってあったクリアケースから取り出し、
手に持たせていただいたのですもうやだ〜(悲しい顔)(うれし泣き)

「佃さんと帝国重工さんの作業着どちらが良いですか??」
とたずねられ、
迷わずちょっぴり渋い声で、
目には下町中小企業の炎を燃やし爆弾
「・・・佃で」と答え、
もはやドラマ内で、
ものづくりへの情熱と夢を絶やさない
阿部寛さん(佃社長)になったかのようにでした(笑)

おっとあせあせ(飛び散る汗)
興奮のあまり取り乱してしまいました
お許しくださいm(_ _)m

脱線ついでに、
ドラマ「下町ロケット」での名言をおひとつexclamation

「どんな素晴らしい発明にも、
そのたった一つの成功の裏に何百、何千もの失敗がある!」

発明だけでなく研究にも
また他の事柄にしても
同じことが言えるのではないかと
個人的には思います。

失敗があるから、
そして次こそは!!!!と前進していくのでしょうねグッド(上向き矢印)

b_illust_6_0M.png

この場をお借りして、

展示会場にて、
お越しいただいた皆様、
撮影させていただいた皆様、
ご縁を頂戴しました皆様、

誠にありがとうございました。

【nano tech2016】での数々のご縁に感謝いたしますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


b_illust_6_0M.png

なお、「nanotech2016」で展示していたサンプルは
一部、真庭バイオマスラボにて展示させていただいております。
是非お立ち寄りくださいexclamation

注目の、
「セルロースナノファイバー(CNF)」
それを用いた研究・開発中等の
サンプルがご覧いただけますひらめき

ラボ展示.jpg


b_illust_6_0M.png


本日はこの辺りで失礼します。
最後までお付き合いありがとうございました。


 
b_illust_6_0M.png


 
















2016年02月04日

〜その@〜『nano tech 2016 国際ナノテクノロジー総合展』の記録




 


line_dottape02_15.png

いつもご覧くださり誠にありがとうございます。
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です晴れ

本日は先日出展スタッフとしていってまいりました、
『nano tech 2016 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議』
の様子を写真と一緒にご紹介させていただきたいと思います。

今回の記事は2回に分けて書かせていただきたいと思います〜ひらめき

line_dottape02_15.png


まずは、
前回も写真を掲載しましたが、
【真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会(以下:MBRC)】
のブースでするんるん


ナノ6.jpg

今回の出展参画団体は9団体。

MBRC/真庭バイオケミカル/FONTEC R&D
真庭木材事業共同組合/トクラス/モリマシナリー
産業技術総合研究所(以下:産総研)
岡山県/真庭市
(パネル展示順)

特に、最近話題を集めている「セルロースナノファイバー」
の活用法等に関心をもつ来場者様が多数見受けられました。

MBRCメンバーは↓↓こちらから

また、産総研様とモリマシナリー様は
独自に出展されており、相互紹介などの連携も図れましたかわいい

ナノ4.jpg


今年は1/27〜29の三日間で
展示会・全体来場者数が
48,514名ぴかぴか(新しい)
(昨年より約900名ほど多いようです)

MBRCブースも昨年の一割増しぴかぴか(新しい)

スタッフは常時5~6名で
来訪者の対応させていただいていましたが、
有難い事に沢山の方々にお越しいただいたので
スタッフ皆フル稼働状態でしたダッシュ(走り出すさま)

ここで、藤久恒例の記念写真。

 2016-02-03-13-05-15-832.jpg
スタッフでお越しいただいていた、
左:真庭バイオケミカル 井口 様
中:岡山県産業労働部
産業振興課 新産業推進班
青葉 様  

国際展示会ですので、
英語onlyの方々が来られるのは承知していました。

それに、私以外のスタッフの皆様は、
英語がご堪能でおられたので安心していました手(チョキ)

しかしながら、
時には私目にもお聞きしてくださる方が、、、
少々あわてましたが、

安心してくださいexclamation

今回は、一部、英文版パンフレットを準備していましたパンチ

なので、
さっと英文版のパンフレットをお渡しし、
図とサンプル、
ジェスチャーや笑顔(?)で乗り切ることが出来ましたわーい(嬉しい顔)

_20160205_095214.JPG
(英文版パンフレット)


line_dottape02_15.png


ではでは、
モリマシナリー様のブースのご紹介です〜ひらめき

ナノ1.jpg

「セルロースナノファイバー」「粉体セルロースナノファイバー」
それを使用したサンプルを沢山展示してあり、
多くの方々がサンプルを手に取り、
来訪者様は興味津々のご様子でしたひらめき


ここで
モリマシナリー東山様と
MBRCブースでの記念写真を〜かわいい

2016-02-03-13-16-55-221.jpg

東山様ありがとうございました!


line_dottape02_15.png

産総研様のブースは、撮影はNGでしたが、

なんとexclamation

nano tech大賞の
<プロジェクト賞(ライフテクノロジー部門)>
を受賞され、
授賞式の様子をバッチリと写真におさめてきましたので
そのお写真を〜ぴかぴか(新しい)

ナノ3.jpg

黄色の法被がとてもお似合いの、
産業技術総合研究所 材料・化学領域研究戦略部
研究企画室  企画主幹 
岩本 様

受賞理由は、
『新規ナノテク素材であるセルロースナノファイバーを
アシックスの運動靴という
具体的な製品に応用し、靴の大幅な軽量化を実現した点』


●産経新聞社のサイトに詳しくご紹介されています↓↓↓●
↑↑「軽くて強靱」の性質を使い、スポーツシューズの靴底軽量化!!
1gでも軽い靴を希望される長距離選手
10%軽く出来た靴の写真が大きく載っています

上にご紹介させていただいている
モリマシナリー製のセルロースナノファイバーを使用して、
滑ロ五(岡山県倉敷市)の靴底を強化した作業靴(試作品)や
指先の耐摩耗性を上げたゴム手袋(試作品)のお写真もあります!!

 
その他のナノテク大賞受賞者は↓↓から

ではここで、

MBRCブース内で
産業技術総合研究所 機能化学研究部門
セルロース材料グループ 研究グループ長 
遠藤 様
との記念写真を〜かわいい

2016-02-03-13-19-47-001.jpg

産総研様のブースの来場者がとても多く、
遠藤様、岩本様共に対応に追われておられましたダッシュ(走り出すさま)

受賞後はさらに来場者UP↑↑

遠藤様ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

line_dottape02_15.png

本日は関係者の皆様に特化した記事を。

次回はその他のブースの方々ついて

書かせていただきたいと思います。
お楽しみにるんるんるんるん

line_dottape02_15.png

最後までお付き合いありがとうございました。
本日はこの辺りで失礼いたします。