2017年03月24日

■ ■ 県産間伐材(真庭ヒノキ)を用いた家具デザイン■ ■


 


b_illust_6_0M.png


 
いつもご覧くださり誠にありがとうございます!
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 事務局です晴れ

本日は、3月3日に
協議会メンバーである
岡山大学教育学部での卒業研究の成果報告が開催され、
参加させていただきましたのご紹介させていただきますexclamation


 
b_illust_6_0M.png

今回発表されたのは、岡山大学 教育学研究科

准教授 山本和史先生

のゼミ生である

学校教育教員養成課程中学校コース沼本さんです


成果報告1.jpg
【前:山本先生と奥:沼本さん】


発表テーマ

《彩と動きのインテリアエレメント》

コンセプト

《一人暮らしの女性の部屋を色と動きで空間アレンジ》



 
 @「色」を生かしたインテリア
草木染に興味を持ち木材でも植物染料の優しい色合いを生かしたい!

そこで
『面で色を生かす方向で考えることに決定』

A一人暮らしの部屋(空間)に動きを
一人暮らしの部屋で多いワンルームでは壁際に家具を置いていることが多い

そこで
『もっと動きを出すことが出来ないか考えた』

上記の@・Aより考えられたのが

【棚+パーテーションのインテリア制作】


成果報告3.jpg



成果報告2.jpg
【発表の様子】



成果報告5.png
【カラーの説明】

PicMonkey Collage4.jpg
【ユニットの組み方説明】


写真を見ていただくわかりやすいと思いますが、
草木染の優しい色合ステキですよねぴかぴか(新しい)



色が綺麗に出て、部屋に圧迫感を与えない
パステルカラーを5色に決定されたそうです

 

スリット間はバネになっていて、
自由度と、季節の変化に対応できるつくりになっています


_20170330_130712.JPG
考えられるバリエーションも豊富かわいい


PicMonkey Collage.jpg

特に私が気になった色
上写真左の「クチナシブルー」
とても珍しい色でステキでしたぴかぴか(新しい)



しかし、草木染で青色を出すのは特に難しいのと、
そもそも木に直接塗装しても、色が取れやすいのだそうです
(浸透率は紙一枚程度)



 
この辺りなども改善されると
ステキなインテリアになりそうですよね!

 

若い女性向きに発案されていましたが、
私は、子育て世代のママや、
男性にも好まれそうなデザインだなぁ〜と個人的に思いました。
アートも感じさせてくれる
色々な場面の合いそうなデザインですひらめき


ヒノキのいい香りもして、
部屋にあるだけで癒されそうですー(長音記号1)


 
なぜヒノキにされたかというと、
重さで選んだのだそうです。
(持ち運べれる重さ)
スギは柔らかしぎるため、
こすれることを考慮したため材料にはされなかったそうです

 

この場お借りしまして
この度は成果報告の取材をさせていただき
ありがとうございました!!


最後に、
岡山大学の山本先生もブログを書かれておられるので
こちらにURLを貼らせていただきます
真庭のこともご紹介いただいていますよぴかぴか(新しい)



b_illust_6_0M.png

 
最後までお付き合いありがとうございました!

本日はこのあたりで失礼します。


 
b_illust_6_0M.png


2017年03月17日

H29/2/22 森林技術総合研修所様ラボ視察/ナノテク展2017報告 




003.gif



皆様、いつもご覧くださり
誠にありがとうございますexclamation


 
本日は、タイトルにもありますが、
2/22 真庭バイオマスラボの視察にお越しいただいた
森林技術総合研修所」様の視察の様子と

2/15〜2/17開催の「ナノテク展2017」出展時の様子を
写真と一緒にご紹介させていただきます


003.gif


まずは「森林技術総合研修所」様の視察の様子から


ラボ中2階講堂にて
真庭バイオマスラボ開所について等を
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 大月会長より説明


林野庁@.jpg

その後は、実験に来られていた
協議会会員であり、
真庭バイオマスラボ入居者でいらっしゃる
ラボ機械室の案内や機械を稼動をしていただきました


林野庁A.jpg


今注目されている新素材の
セルロースナノファイバー(CNF)※1についてや
WPC※2などの話も出て、
皆様大変興味を示していただき、質問が飛び交い
見学時間が足りなくなってしまうほどでしたひらめき



※1 セルロースナノファイバー(cellulose nanofiber=CNF)
木の構造の骨格を成している基本物質「セルロース」をほどいて再構成した繊維材料
太さは約10ナノメートル(ナノは10億分の1)
プラスチックやゴムに混ぜると強度が上がり、熱による伸び縮み小さくなる
2004年ごろから研究が本格化し、米国や中国、北欧も開発に注力している

※2 WPC(ウッド・プラスチック・コンビネーション(Wood Plastic Combinati on))
木材とプラスチックの両方の性質を合わせ持つことになり、その特徴
 としては、木材の美観を損なうことなく木材よりも力学的強度、寸法安定性、耐候
 性、耐火性、耐薬品性等が向上され、特に、耐摩耗性に優れています。
  WPCのこれらの特徴から、その用途としては、建築用としてフローリング、階
 段の踏み板、手すりなどに使われるほか、家具、ボートのオール、アーチェリーの
 弓、スキー板、鍵盤、ナイフの柄などにも使われています。
  また、外国では、バグパイプ、枕木、ゴルフクラブのヘッドなどにも使われています。


 
森林技術総合研究所様は、真庭バイオマスラボの他に、

真庭市落合総合センター
なども視察されました


003.gif

続いて
「ナノテク展2017」のご報告

真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会で出展いたしました晴れ

協議会メンバーは↓

今回の出展参画団体は9団体パンチ

真庭バイオケミカル/FONTEC R&D
真庭木材事業共同組合/トクラス/モリマシナリー
産業技術総合研究所
岡山県農林水産総合研究所森林研究室
岡山県(OBICC)/真庭市


また、産業技術総合研究所様とモリマシナリー様は
独自に出展されており、相互紹介などの連携も図れましたかわいい

ナノテク@.jpg
【協議会ブース/右は沢山の方々にご来場いただいてる時の記念写真】

ナノテク3.jpg


ナノテク4.jpg
【展示一覧】

ナノテクA.jpg
【たまたま協議会ブースの目の前だった産総研様ブース】

ナノテク5.jpg
【モリマシナリー様ブース】


最後は
かわいい記念撮影かわいい

nanoteku .jpg

左から
岡山県産業労働部 竹内コーディネーター
藤  久
岡山県農林水産総合研究所森林研究室 野上様
(皆様 3日間大変お世話になりました!!)


帰りながら撮影した
東京ビックサイトぴかぴか(新しい)


 
この場をお借りしまして、
展示会場にて、
お越しいただいた皆様、
撮影させていただいた皆様、
ご協力いただきました皆様、

誠にありがとうございました。

【nano tech 2017】での数々のご縁に感謝いたしますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


 

003.gif


真庭バイオマスラボのすぐ傍にある
勝山町並み保存地区で開催された
「勝山のお雛祭り」でのお雛様たちを
少しご紹介晴れ



おひな@.jpg





おひな2.jpg


様々なお雛様達!
勝山の町並みにとてもマッチしていましたひらめき

毎年開催されていますので、
来年のお越しをぜひご検討くださいパンチ


003.gif



それではこのあたりで失礼します。

最後までお付き合いありがとうございました!


003.gif