2018年03月12日

「H30.2/21 産業技術総合研究所 中国センターシンポジウムin岡山」








皆様いつもご覧くださり誠に有難うございます。
真庭バイオマスリファイナりー事業推進協議会 事務局でございます。



更新が遅くなりました、
2/21にタイトルにもありますが、
中国センターシンポジウムへ行って参りましたexclamation



その様子は下のお写真を〜


C360_2018-02-21-13-24-11-157.jpg

【講演会場】



DSC_0496.jpg

【伝わりにくい大きなスクリーン・・・なぜか撮ってみた件】
(意味ないとか突っ込まないように・・・)



DSC_0497.jpg

【後方のポスターセッションブース】



--------【特別講演】------

《メタンハイドレートのエネルギー資源やガス貯蔵としての可能性
 −京コンピュータによる大規模計算−》
岡山大学異分野基礎科学研究所 教授  田中 秀樹 氏

--------【一般講演】--------

「高分子材料評価(1):一発解答!一目で分かる質量分析マッピング」 

機能化学研究部門 高分子化学グループ 研究グループ長 佐藤浩昭氏

「高分子材料評価(2):合わせ技一本!分光法とビッグデータ解析」
 機能化学研究部門 化学材料評価グループ 主任研究員 新澤英之氏
「セルロースナノファイバーを「知る」〜ナノの夢から現実へ〜」
 機能化学研究部門 セルロース材料グループ 主任研究員 伊藤弘和氏

-------- 【一般講演】--------

「ガラスやシリコーンの基本単位の精密構造解析:
 高性能・高機能材料開発を目指して」
 触媒化学融合研究センター ヘテロ原子化学チーム 主任研究員 五十嵐正安氏
「機能性ナノポーラス物質の構造と物性 〜ゼオライト分離膜の性能予測〜」
 化学プロセス研究部門 ナノ空間設計グループ 主任研究員 長谷川泰久氏

--------------------------------------------------------------

ポスターセッションは31題目もありましたexclamation


産総研は2015年4月に再編され、
従来から実施しているバイオマス利用技術に加えて、
機能性化学品創製する技術の研究拠点として、
素材産業、化学産業への技術的分野を目指されていますぴかぴか(新しい)


003.gif



産総研といえば・・・

産総研 中国センター機能化学研究部門
セルロース材料グループ長 遠藤先生には
当協議会長を務めていただいていますが、
そのセルロース材料グループでは、

《なのセルロース工房》という、
@産総研の技術
A産総研の設備
B産総研のネットワーク

この3つの利点を融合し実用化の加速」
をはかる取組をされていますひらめき


産総研との共同研究されている企業同士、
それぞれの専門家たちの知識の集合です晴れ

【お問い合わせ先】
産総研 中国センター機能化学研究部門
セルロース材料グループ ご担当 伊藤様
пF082-420-8278
E-mail:itou.hirokazu@aist.go.jp


詳しくは下の画像パンフレットをご覧くださいパンチ


0001.jpg

0002.jpg


003.gif



それではこの辺りで失礼いたします。
最後までお付き合い有難うございました晴れ



続きを読む