2016年03月29日

■H27年度 「バイオマスリファイナリー事業人材育成講座」を開催しました■



003.gif

皆様、いつもご覧くださり誠にありがとうございます!
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です。


本日はタイトルにもあります通り、
H28年3月18日(金)に
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会主催(以下:MBRC)にて
地域事業者様等を対象に、
【バイオマスリファイナリー事業人材育成講座】を開催しましたので
その様子を写真と一緒にご紹介させていただきますexclamation


※画像はクリックしていただくと拡大します

講座プログラムは下記をご覧ください。
160318講座プログラム.jpg

003.gif

はじめに、

MBRC副会長であり、真庭バイオマスラボへ入居されている、
(国研)産業技術研究所 機能化学部門
セルロース材料グループ長 遠藤 貴士氏による開会挨拶

3-18開会挨拶.png

003.gif

(講演@)

講師:NPO法人 21世紀の真庭塾 事務局長 仁枝 章氏

内容:《ネットワークを通じた地域産業創出
    〜21世紀の真庭塾設立からバイオマスリファイナリー産業へ〜

3-18仁枝事務局長.png


仁枝様のお話では、
真庭市のバイオマス産業創出の取り組みへのきっかけとなった、
1993年に発足された「21世紀の真庭塾」の設立理由から、
発足後23年に渡る現在までの活動内容についてお話いただきました。
また、その活動内で培われたネットワーク基盤などについても
詳しくお聞きすることができました。

003.gif

(講演A)

講師:且O菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部
    川村 雅人氏

内容:《真庭市における新産業創出が意味するもの
    〜民間主導の挑戦を評価する〜》

3-18川村様.png

川村様のお話では、
川村様と真庭地域との関わりのきっかけから、
「21世紀の真庭塾」設立にも大きく関られたことについてなど
お聞きすることができました。

「真庭市の取り組みや、里山真庭を外部から見た評価」であったり、
「なぜ真庭市にバイオマスリファイナリー産業創出が必要なのか」など、
まだまだ書ききれぬほどの内容でお話いただきました。

また、当協議会設立の際にもご助言を頂戴しており、
長きにわたり、真庭地域へお力添えくださっています。

当協議会ホームページの立ち上げ
及び事務局日記開設時にも、
川村様のアドバイスを頂戴していました。

お蔭様で、この「事務局日記」ですが、微力ではございますが、
MBRCメンバー様や真庭バイオマスラボ入居者様などから、
いい発信ツールとなっていると言って頂けるものとなりましたひらめき

003.gif


川村様がご講演内で紹介されていましたが、
「21世紀の真庭塾」様は、
第5回毎日地球未来賞クボタ賞を受賞されましたぴかぴか(新しい)

詳しくは下記サイトへ


003.gif

ご講演の次は、
真庭バイオマスラボ入居者様による
《研究取組報告及びサンプル展示》でした。
各入居者様に5分程度説明いただいた後に、
講座参加者の皆様には、サンプル展示ブースを
ご覧頂きましたexclamation

真庭バイオマス入居者紹介は↓↓↓から

3-18産総研.png
【(国研)産業技術総合研究所 機能化学部門 
セルロース材料グループ グループ長 遠藤氏】

3-18とクラス.png


3-18モリマシナリー.png


3-18FONTEC.png

FONTEC R&D 代表取締役 社長 市氏】

3-18MBC.png

【真庭バイオケミカル梶@専務取締役 網屋氏】


3-18展示ブース.jpg

【各展示ブース全体】

展示サンプル一部.png

【多数の最先端試作品サンプルが真庭に集結exclamation×2

展示サンプル2.png


自由観覧.png

【サンプル展示自由観覧の様子】



質疑応答.png

【本講座の質疑応答の様子】
003.gif

最後に、
三菱総研川村様に《全体総括》をしていただきました

3-18川村様総括.png

川村様:「真庭でのCNF(セルロースナノファイバー)もバイオマスも
(取組は)随分進んだと思う。これはもっと大事なことだが、
こういった場(講座)が開かれている事。一点突破は各企業が
取り組んでいるが、それを全面展開させていくためにはオープンラボ化して
異業種の方が集まって何か活動できるのはおもしろいのではないか。」

〜講演最後に頂いた言葉〜

Do your best it must be first- class
〜限りなく一流を目指せ〜
Think global act local
〜真庭から世界へ翔け〜

そして、一流であるために(あるかぎり)向上していかなければならない。
関心を持ち、誇りを持て。

-----------------------------------

深く深く染みわたります
今後、活動するうえで、身が引き締まるお言葉でしたexclamation×2

----------------------------------------
003.gif


 本講座開催後には、交流会・情報交換会を開催し、
有意義な時間となりましたぴかぴか(新しい)

003.gif


 
この場をお借りして、講師の皆々様へ
本講座を開催するにあたり、
ご多用の中、お引き受けいただきましたこと深く感謝いたしますとともに、
今後も変わらぬご教示を賜りたくお願い申し上げます。
003.gif

 本日はこのあたりで失礼します。
最後までお付き合いありがとうございました。

posted by 真庭バイオマスラボ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174682294

この記事へのトラックバック