2017年10月14日

【真庭市木質バイオマス人材育成講座】 岡山理科大学工学部建築学科様/岡山大学様来ラボ




003.gif



皆様いつもご覧くださり誠に有難うございます!
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会
事務局でございます晴れ


003.gif


本日は、
昨年年度までは、協議会で運営しておりました
「真庭市木質バイオマス人材育成講座」ですが、
本年度は真庭市主催にて開催されています。
協議会は後援という形で係らせていただいております。



今年度開催の第一回目の人材育成講座については
以前にご紹介させていただきましたので、
第2回、第3回の講座について
写真と一緒にご紹介させていただきますexclamation



第1回目のご紹介日記は以下よりご覧いただけます〜↓↓



人材育成拠点としては、以前同様、
「真庭バイオマスラボ」でございます。



第2回開催は8月25日(金)でした。
対象は、岡山理科大学工学部建築学科の皆様でしたかわいい




人材1.jpg

〜バイオマス産業杜市’真庭’について真庭市の取り組みについて〜
概要説明を
真庭市林業・バイオマス産業課より



人材2.jpg
かんな屑などの副産物を利用したバイオマス発電、ペレット製造装置の見学



人材3.jpg
【真庭バイオマス集積基地第2工場】
未利用木材の収集、加工、供給拠点の見学




人材4.jpg
【真庭バイオマス発電所】
木質バイオマスを燃料とした1万kw発電の見学



人材5.jpg
CLT建築物の見学



その他
銘建工業株式会社の国内初の
CLT専用工場も見学もされましたexclamation




建築学部の皆様ですので、
CLTの建築物や集成材に興味津々だったのでは
無いでしょうか???



■■■■CLT(Cross Laminated Timber)とは■■■■

クロス(交差)、ラミネイティド(張り合わせる)、ティンバー(木材)の略。
木の繊維の方向が直角に交わるように板材を重ねて接着した大判のパネル。
軽くて強度や断熱性に優れる。 
1990年代から欧州で広がり、海外では大規模施設や
中高層建築物にも活用されている。
国土交通省が4月からCLTを構造材として使える新基準を定め、
国交相の認定を受けなくても建設できるようになった。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


003.gif


続きまして、
9月7日〜9月8日の二日間で開催された
岡山大学対象の人材育成講座のご紹介です。


====まずは、1日目====

真庭市林業・バイオマス産業課より
〜バイオマス産業杜市’真庭’について真庭市の取り組みについて〜
概要説明を

続いて




岡大1.jpg
【真庭バイオマスラボ】
真庭市広域廃棄物リサイクル事業共同組合 山口様より
〜メタン発酵事業〜
について


この後、
勝山原木市場
真庭バイオマス集積基地
真庭バイオマスラボにて
恒例の交流会ぴかぴか(新しい)

という流れでした晴れ


====2日目====


岡大5.jpg
【真庭バイオマスラボ】
岡山大学大学院
環境生命科学研究科
農学部
緑地生態学
 坂本教授より
〜里山林の保全管理〜
について


その後、
真庭市の山で
放置落葉広葉樹二次林において、
林冠木伐採後の森林再生初期過程
を伐採前後の土壌分条件も含めた
環境条件の変化とともに明らかにする研究がされており、
その調査地へGOバス



岡大6.jpg

現場の木々を見ながら学びます


岡大7.jpg

最後は集合写真をパチリひらめき



こうして、2日間に渡り、
座学や体験、見学を通して
バイオマス資源の利活用方法や中山間における産業振興、
環境保全、
バイオマスリファイナリー事業や真庭バイオマスラボについて
学んでいただきましたぴかぴか(新しい)


003.gif



真庭にお越しいただいた
岡山理科大学、岡山大学の皆様

またの来真庭
お待ちしておりますexclamation


003.gif


それでは今日はこのあたりで失礼します

最後までお付き合いありがとうございました


003.gif


















posted by 真庭バイオマスラボ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成講座

2017年08月31日

事務局日記〜いろいろ〜







b_illust_6_0M.png


皆様いつもご覧くださり誠にありがとうございます
協議会事務局です晴れ

随分間が空いてしまいましたが、
協議会活動についてのご報告ー(長音記号1)

7月24日(月)には、
岡山県立勝山高校普通科1年生の約30名の生徒の皆様が
真庭バイオマスラボ見学に来てくれましたexclamation

 

実は・・・
勝山高校はラボのご近所様かわいい


今回引率の先生方は、理科の先生と数学の先生だったったのですが、
「ずっとラボへ生徒を連れてきたかったのですが、
やっと来れました!」と仰ってくださって!

 
先生のご要望で
今注目の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」について
お聞きになりたいということで、
真庭市発研究開発型ベンチャー企業で
協議会会員であり、真庭バイオマスラボへ常駐されている
FONTEC R&D株式会社 市社長より、
CNFでの研究取組についてお話していただきましたexclamation&question


 
CNFってドラマでの最近は台詞に出てきてましたけど、
すこ〜し学生さんにも認知されてましたが、
CNFがどんなものなのかは、あまり知らなかったようで、
興味津々できいてくださいましたぴかぴか(新しい)


おや??おやや??
「今日は写真がないな〜」って思われたが画面の前の皆様。

申し訳ございません・・・

 
不覚にも写真を消してしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

ですので。。。この件につきましては文字のみのご報告でございますふらふら



b_illust_6_0M.png


続きまして、
8月3日には
岡山ロイヤルホテルにて
【セルロースナノファイバー実用化ファーラム2017inおかやま】
が開催され、
協議会で出展しサンプル展示をしてまいりましたぴかぴか(新しい)


今度は写真と一緒にご紹介ですよぉグッド(上向き矢印)

Collage 2017-09-15 13_44_36.jpg
(真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会のブース)
右:会員のトクラス様に
ブースに来られた方にご説明いただいているところです

Collage 2017-09-15 13_48_20.jpg

協議会会員様も単体でご出展されていました
上から左から



全国から様々な企業の方が来られており、
情報交換も活発にでき、
有意義なフォーラムでありましたexclamation


b_illust_6_0M.png


8月4日には
経済産業局 製造産業局 素材産業課 
革新素材室 革新素材企画班 松谷課長補佐が
真庭バイオマスラボへご訪問され、
協議会メンバーと意見交換の場を設けさせていただきました

その後、ラボの見学をしていただき、
入居室や機械室をご覧頂きましたひらめき


Collage 2017-09-15 13_02_49.jpg
(写真上:FONTEC R&D社 研究室  左中:真庭バイオケミカル社 研究室)
左下と右下:機械室
右下写真:岡山県農林水産総合センター森林研究所の野上様(左)と松谷様(右)


b_illust_6_0M.png


(その他)


昨年まで協議会が運営しておりました
バイオマス人材育成は今年度より真庭市に運営がかわり、
協議会は後援としてさせていただいております。

人材育成拠点は
「真庭バイオマスラボ」というのはかわらず、
今年度も既に3回開催されています。

その様子のご紹介したいのですが。。。。
スミマセンふらふら
本日はここまでにて。

最後までお付き合いありがとうございました晴れ

 b_illust_6_0M.png

 

真庭観光連盟






 



2017年08月07日

『2010年の真庭人の1日』への軌跡〜「21世紀の真庭塾」記録集〜のご紹介






pop03-3.gif



いつもご覧くださり誠にありがとうございます。
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局ですexclamation

本日は、協議会会員の、
特定非営利活動法人 21世紀の真庭塾 の立上げからの取り組み等を
時系列で丁寧に整理編集された記録集をご出版されましたので
ご紹介させていただきますかわいい

pop03-3.gif

以前の事務局日記に
21世紀の真庭塾様の記事を掲載させていただいておりますので、
是非そちらも併せてご覧ください
↓↓↓↓↓

平成27年度には
協議会主催での人材育成講座にて、ご講演いただいたこともありますexclamation

その記事はこちら↓↓





pop03-3.gif



記録集の表紙がこちらです晴れ

img365.jpg

発行日;2017年6月20日
企画・編纂;川村 雅人氏
監修;特定非営利活動法人 21世紀の真庭塾




<この本を推薦します>

竃村総合研究所 顧問 増田 寛也氏

岩手県知事時代、皆で地域の「あるものさがし」をして、
森林を活かした循環型地域づくりを目指した。
お手本にしたの真庭での取組み。今から20年も昔の話である。
本書には草創期からの真庭塾の足取りが丁寧に描かれている。
一読すれば民間企業経営者有志が自主自立の精神を持ちつつ、
いかに密度の濃い議論と実践をくり返してきたか、
その熱意が伝わってくる。
地方創生の優れた先駆けとして、長く読み継がれるべきだろう。


<この本を推薦します>

法政大学人間環境学部 教授 石神 隆氏

本書は、地域形成の生態史ともゆうべき史的記述であり、
地域形成をリードした地域知能の内部構造および外縁構造の
エッセンスを詳細に示している。
たしかに、ここまで観てみなければ、地域づくりの本当のところは分からない。
そこには、当事者意識をもつ地域人材群とその行動が、
偶然と必然の綾なす連続の中で起こる地域物語として見事に描かれている。
日本をリードする真庭の地域づくりの実際を深く知るには欠かせない一冊である。



 
【 記録集の詳細はこちらより↓↓ 】
※クリックしていただくと別ウインドウで開きます

img366.jpg

【 ダウンロードはこちら↓↓ 】 




pop03-3.gif


「21世紀の真庭塾」は、2016年に
食料・水・環境の分野で問題解決に取り組む
団体や個人を顕彰する第5回毎日地球未来賞(毎日新聞社主催、クボタ協賛)にて、
未来賞に次ぐクボタ賞を受賞されましたぴかぴか(新しい)


 
『産業人が明確な目標を揚げ、知恵とスピード感を持って
実行を繰り返してきた』軌跡が記録されていますひらめき

現在も取り組んでいます、
より高付加価値のバイオマス産業を創出する研究。

〜〜 時代と次代を見据えた真庭人の挑戦 〜〜

是非、ご覧になって頂きたいと存じますひらめき


 
pop03-3.gif

最後までお付き合いありがとうございました。
本日はこの辺りで失礼します