2017年02月17日

《nano tech 2017》2/17 本日最終日




003.gif


皆様、いつもご覧くださり
誠にありがとうございます

真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局
です(´∇`)

【nano tech2017】開催中ですにこにこ
本日最終日!

003.gif



_20170215_072001-5635e.JPG

14日から東京入し、
展示ブースの準備しましたよ〜!





_20170215_071913.JPG
(準備中の様子)


協議会 副会長の産業技術総合研究所 遠藤先生と
協議会会員であるモリマシナリー株式会社様は
それぞれ別に出展ブースを出されており、
ご自分のブースの準備後、
皆様、当協議会のブースに駆けつけて下さり、
手伝って頂きましたきらきらきらきら
感謝感激です(;_;)



協議会小間番号は「5S-05」ですパンチ




(フロアレイアウトへ↓↓)

http://www.nanotechexpo.jp/pdf/2017_layout_j.pdf




協議会会員であり真庭バイオマスラボへ入居されている

モリマシナリー様のブースは

小間番号は「4E-27」です!




協力機関であります

産業技術総合研究所様の出展ブースは

小間番号は「5V-03」です!




nano tech 2017~国際ナノテクノロジー総合展・技術会議〜

(ナノテク展ホームページへ↓↓)

http://www.nanotechexpo.jp/main/index.html



DSC_0320-cb8c5.JPG
(モリマシナリー様ブース)



FB_IMG_1487110443320.jpg
(産総研様ブース)



来場をご予定の皆様、
ぜひ当協議会ブースへお立ち寄りくださいませ(^_^ゞ


003.gif


それではこのあたりで失礼してます。
最後までお付き合いありがとうございました!

【真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会の最新記事】

2017年02月09日

【告知!】2/15(水)〜2/17(金)ナノテク展2017に出展します!




ライン@.png


いつもご覧くださり誠にありがとうございます晴れ

真庭バイオマスラボです


今日からまたまた寒くなりそうですね・・・

皆様、暖かくなさってくださいねexclamation


ライン@.png


では、

早速告知ひらめき



今年度も

2月15日(水)〜2月17日(金)に開催されます

nano tech 2017 国際ナノテクノロジー・技術会議」

「真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会(MBRC)」

が出展いたします。


MBRCメンバー及び真庭バイオマスラボ入居企業様の

サンプル品やパネルを展示させていただきます。

是非、お立ち寄りくださいませ exclamation


わたくし藤久も会場に参ります〜

お待ちしておりますよるんるん



nano tech 2017~国際ナノテクノロジー総合展・技術会議〜

(ナノテク展ホームページへ↓↓)

http://www.nanotechexpo.jp/main/index.html


協議会小間番号は「5S-05」ですパンチ


(フロアレイアウトへ↓↓)

http://www.nanotechexpo.jp/pdf/2017_layout_j.pdf



協議会会員であり真庭バイオマスラボへ入居されている

モリマシナリー様も出展されますexclamation

小間番号は「4E-27」です!


協力機関であります

産業技術総合研究所様もご出展されますexclamation

小間番号は「5V-03」です!


また、

産総研コンソーシアムナノセルロースフォーラムからの出展もされますexclamation

           小間番号は「5T-26-03 」です!


※ナノセルロースフォーラムはセルロースナノファイバー、

セルロースナノクリスタル(ナノセルロース)に関する

オールジャパン体制のコンソーシアムとして、

2014年6月に産業技術総合研究所に設立されました


ナノセルロースの研究開発、事業化、国際標準化を加速し、

ナノセルロース関連産業を早期に立ち上げるための支援をされています



昨年の記事は↓から

http://m-brc.sblo.jp/archives/201601-1.html

http://m-brc.sblo.jp/archives/20160204-1.html

http://m-brc.sblo.jp/archives/20160209-1.html



お待ちしておりま〜〜すかわいい



_20170209_113323.JPG

絶賛準備中!
バタバタ慌てております=
(事務所内が荷物だらけ)

続々と会員様からサンプルが届いております
お楽しみにひらめき



ライン@.png



最後に真庭の雪景色

_20170209_113441.JPG

降ると大変なんですけど。。。
やっぱりきれいだなぁ〜って思います雪



ライン@.png


それではこのあたりで失礼します。
最後までお付き合いありがとうございましたぴかぴか(新しい)





2016年12月20日

【エコプロ2016に行ってきました!/木質バイオマスを素材とした取組紹介】




400-5.png


皆様いつもご覧ください誠にありがとうございます晴れ
真庭バイオマスラボです

本日は、
先日、12/8〜12/10に東京ビックサイトにて開催された、
行って参りましたのでそのご報告をさせていただきますexclamation


また、
真庭バイオマスラボ入居者の
モリマシナリー株式会社様がご出展されていましたので、
出展ブースの様子も写真と一緒にご紹介いたします


そして、
同じくMBRC会員であり、真庭バイオマスラボ入居者
岡山県農林水産総合センター森林研究所木材加工研究室と
同センター農業研究所果樹研究室、高冷地研究室とで、
研究・開発・実証されている
木質バイオマスを素材とした
農業用保温資材についてご紹介させていただきますexclamation


 
400-5.png


今年もやって参りました飛行機
【東京ビックサイト】


B612_20161209_094214.jpg


【モリマシナリー株式会社様の出展ブース】
エコプロ1.jpg


エコプロ7.jpg
【CNF10%含有でできた樹脂扇子 #デザイン素敵#】


CNFが樹脂に綺麗に分散していることがうかがえますひらめき


真ん中の写真は模様を拡大したものですが、
うす〜い部分がわかりますでしょうか?

この薄さはガラス繊維含有では出来ないとのこと


 
MBRC会員であり、真庭バイオマスラボへ入居している
モリマシナリー社製のセルロースナノファイバー(CNF)を
使用してCNF消臭剤を開発していますので、
こちらも同ブースにて展示していました


DSC_0122.JPG
【写真左:モリマシナリー社製CNFサンプル/
右:真庭バイオケミカル開発 CNF消臭剤サンプル】


また、モリマシナリー社が開発した
熱可塑性樹脂に混練可能なセルロースナノファイバー粉と
ゴムを混合してサンプルを作成されている
丸五ゴム工業株式会社様も同ブースに展示されていました

エコプロ3.jpg

写真は
丸五ゴム工業株式会社新規事業開発部の福本様
タイヤ止めサンプルの装着を
無理を言ってやってもらい、
パチリ手(チョキ)


福本様ありがとうございましたるんるん


モリマシナリー社開発のセルロースナノファイバー粉と
ゴムを混合して出来た靴底サンプルなんですが、
驚くほど滑らないexclamation


また、その他のサンプルでは、
CNFを入れることによって強度もUPしていることが
サンプルに触れることでよくわかりました。


 
触れていただかないと伝わらないのが残念です〜たらーっ(汗)



400-5.png

今回、エコプロ2016展テーマブースにて
日本初の「ナノセルロース展」が催されました


DSC_0117.JPG

注目の新素材「ナノセルロース」の
製造、先端材・複合材料、製造機械、分析サービス、海外、行政と
カテゴリー別に展示してあり、
かなりの集客となっておりました


12/8〜12/10の3日間開催で、
中日の12/9には
ナノセルロースの産業化をめざす国際シンポジウム
《ナノセルロースサミット2016inTOUKYO》があり、
世界6カ国からトップランナーが集結しましたぴかぴか(新しい)
(カナダ・スイス・スエーデン・米国・韓国・日本)


エコプロ4.jpg
【同時通訳/右:クロージングセレモニーでの記念撮影の様子】


いろいろ学ばせていただきましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



岡山県つながりで、
岡山県産業振興財団様も出展されていました位置情報

DSC_0134.JPG

こちらのブースも大勢の人が来られていました〜パンチ


来年2月には、MBRCで
今年も 【ナノテク2017】に出展しまするんるん

DSC_0124.JPG

今回のナノテク出展対象には
「セルロースナノファイバー」が記載されています。
注目されていることがわかりますねひらめき

「ナノテク2017掲載サイトへ」


昨年の出展の様子は↓から


400-5.png

では次に、
岡山県農林水産総合センター農業研究所
果樹研究室  、高冷地研究室、、 森林研究所 木材加工研究室
での木質バイオマスを素材とした、
果樹の凍害対策用保温資材の開発についてご紹介しますひらめき


資材5.jpg

まず出来上がったものから見ていただいて、

写真左は元来保温で使用されている稲わらです
入手困難であったり、巻きつけるのが難しかったりということがあります
そこで、未利用でコストが安く、
加工しやすい木質材料を用いた巻きつけやすい
保護資材を開発されましたぴかぴか(新しい)


中と右の写真が今回開発された保温資材です。



ではどのように作られたか
写真でご紹介しますー(長音記号1)

資材1.jpg
【ラボにて筒状の袋を作成】

まず、透湿性防水シートを熱融着し、細長い袋状にします


資材2.jpg
【森林研究所木材加工研究室にて
真庭のヒノキプレーナー屑を入れる作業】



DSC_0109.JPG
【プレーナー屑】

これなら、稲わらを巻きつけることと比べると、
作業時のかゆみも無く、巻き付けやすく、
しかも、劣化がすくなく、2〜3年は使用可能だそうですexclamation



この技術は実用新案登録がなされています。
お問い合わせ・詳細は下記へご連絡くださいひらめき
↓↓↓
TEL:086-955-0276



ぜひ製品化していただきたいですねぴかぴか(新しい)
(※この資材は果樹や樹木など幅広く活用可能です)


 
400-5.png

本日はこの辺りで
失礼します。

本日も最後までお付き合いありがとうございました晴れ


400-5.png