2016年10月24日

●●「バイオマス産業人材育成講座」を開催しました●●〜岡山大学農学部対象〜



line_dottape02_15.png


皆様、いつもご覧くださり誠にありがとうございます!

 
本日はタイトルにありますが、
9/8(木)〜9/9(金)にかけて、
岡山大学農学部他を対象に
「バイオマス産業人材育成講座」を開催しましたので、
その様子を写真と一緒にご紹介させていただきます晴れ


昨年も岡山大学農学部対象に開催しましたが、
今回はリピーターの方を含む学生12人でしたひらめき


更新が遅くて、
ひと月以上も前のことになってしまいました・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
スミマセン・・・

line_dottape02_15.png

※写真はクリックしていただくと拡大します


----------------9/8(木)〜1日目〜-----------


はじめに、
■真庭市産業観光部 林業・バイオマス産業課
から
 《真庭市の取組説明》
岡大2.jpg


続いて、

■■■(座学)■■■

 FONTEC R&D株式会社 代表取締役 市氏
 《機能性素材の開発》について

市様は
MBRCの会員でもあり、
真庭バイオマスラボへも入居されています


岡大3.jpg

現在、羅漢果(らかんか)という、中国桂林に生息する、
【神果】と呼ばれる果実で、
天然甘味料『羅漢果ピュア』製造の開発をされ、
販売されていますexclamation

羅漢果の成分は、血糖値効果作用などの効果があるとわかり、
糖尿病などの治療・予防に期待されていますひらめき

詳しくは↓↓↓
(FONTEC R&D株式会社ホームページへ)

「羅漢果ピュア」入りのロールケーキも食べさせていただきましたレストラン
とてもおいしかったです〜ぴかぴか(新しい)

CIMG3113.JPG


甘い物を食べてるの、血糖値を気にしなくていいなんて、
なんてステキなことでしょう揺れるハート

■■■(座学)■■■

 《メタン発酵事業について》について
 真庭広域廃棄物リサイクル事業協同組合 事務局次長 山口氏


真庭広域廃棄物リサイクル事業協同組合様が事業主体で、
平成25年度から今年度までの3年間
「地域環境型バイオガスシステム構築モデル事業」
(環境省・農林水産省連携委託事業)
をされており、その概要について詳しく教えていただきましたexclamation

岡大5.jpg

■■■(見学)■■■

 《メタン発酵プラントシステム施設》

座学でお世話になった
山口様に引き続き施設説明もしていただきながらの見学ですexclamation

岡大7.jpg

■■■(体験)■■■

 いちごっ娘農園 西村氏(指導)
《 稲刈り体験 》

西村様に稲の刈り方を教わりながら、
縁刈り体験晴れ


しっか〜〜も
コンバインまで乗せていただきましたexclamation×2
なかなか出来ない体験で、
学生さんも楽しく体験をしていただけたようでしたひらめき

岡大8.png
(なかなか手際よくこなしていましたパンチ

岡大10.jpg
真剣にご指導くださる西村様、
指導を受ける学生も真剣そのものexclamation

学生さんがこうゆう体験をきっかけに
農業に興味を持っていただけたら幸いですぴかぴか(新しい)


■■■(交流会)■■■

真庭バイオマスラボにて開催

 
この交流会では、
見学先でもあった、メタン発酵プラントシステム施設で
発酵層から分解した液体を殺菌して出来た
「液肥」で稲作(実証田で)の栽培をしたお米を
稲刈り体験でお世話になった
西村様より頂戴して
皆さんに召し上がっていただきましたレストラン
(新米ですぴかぴか(新しい)


あまりにもおいしくて、
皆ごはんだけでパクパク進んで、
おかずがほとんど残ってしまうくらいでしたたらーっ(汗)

岡大1.jpg
 ( 晴れ毎年恒例の一人一言晴れ )

一人づつ出身地をお聞きすると
全国各地から岡山大学に
こられていました〜

真庭は初めてという方も多く、
蒜山高原が真庭市ということに
驚く方も(笑)

観光地として
やはり蒜山高原はメジャーでした位置情報


今年も学生さんや先生方と交流を深める
有意義な会となりましたパンチ


----------------------9/9(金)〜2日目〜--------------------

■■■(座学)■■■

岡山大学大学院環境生命科学研究科(農学部)
准教授 廣部氏
《放置落葉広葉樹二次林伐採後の森林再生初期過程》
岡大6.jpg

真庭市の山で
放置落葉広葉樹二次林において、
林冠木伐採後の森林再生初期過程
を伐採前後の土壌分条件も含めた
環境条件の変化とともに明らかにする研究がされており、


廣部先生から、
研究概要や放置林について、
森林更新での萌芽更新・実生更新について等を学び
学んだ後、実際に調査地の真庭市の山へ入ってみましたパンチ

_1120927.JPG

結構登ったので
見晴らしが良かったです晴れ

CIMG3146.JPG
(未伐採放置人工林)


細く伸びている針葉樹
他の山のように大き太く育ってない理由を
学生さん達に考えてもらいました


sketch-1477356766413.png

写真左側が調査地です。
写真に全部が写ってなくてわかりにくいのですが、
皆伐の場所と下層木残存の場所があります。
写真右側は未伐採の放置人工林になります。

 

_1120935.JPG

若い学生さんは
帰りもスタコラサッサと降りて行きました


_1120929.JPG


よく地面をみると
杉の子ども達が沢山exclamation
踏まないように歩くのが難しかったです・・・たらーっ(汗)


 
こうして、2日間に渡り、
座学や体験、見学を通して
バイオマス資源の利活用方法や中山間における産業振興、環境保全、
バイオマスリファイナリー事業や真庭バイオマスラボについて学んでいただきましたぴかぴか(新しい)

 
line_dottape02_15.png

この場をお借りして、
ご講演くださった市様、山口様、
ご指導いただきました西村様

お忙しいところ本講座開催にご協力くださり
誠にありがとうございました


また、
真庭にお越しいただいた
岡山大学の皆様

またの来真庭
お待ちしておりますexclamation


line_dottape02_15.png

ここで
今月の写真



2016-10-21-15-01-59-925.jpg


10月19・20日にありました
江戸時代から続く【勝山祭り】での一コマ

●だんじり太鼓山登城(登坂レース)●



毎年20日の午後3時からは中国勝山駅前にある約100mの坂を
だんじりが駆け上るレース『だんじり太鼓山登城(登坂レース) 』が行われ、
タイムを計り、その速さを競います

本番一発全力疾走
だんじりに載っている子ども達は
「おいさ!おいさ!グッド(上向き矢印)」と楽しそうに。


その様子を見るだけで
なんだか元気になりました

直近の10月25・26日には【久世祭り】があります
詳細については↓↓↓
(久世祭り-だんじり.comサイトへ)


 
太鼓をたたく音が聞こえると
そわそわしちゃいます(笑)


 
line_dottape02_15.png

 
それでは今日はこのあたりで失礼します

最後までお付き合いありがとうございました


 











posted by 真庭バイオマスラボ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成講座

2016年10月06日

■9/5〜9/6「バイオマス産業人材育成講座を開催しました■



 

木目 ライン.bmp

皆様いつもご覧くださり誠にありがございますかわいい

真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です。



本   題!

 

本日は、タイトルにもありますように、

もみ殻シリカ高度利用コンソーシアム・岐阜大学・静岡大学』主催

真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会(以下 MBRC)』共催、

(一社)真庭観光連盟』後援により、


昨年に引き続き、

【バイオマス利用技術研発表会×バイオマス産業人材育成講座】

9/5(月)〜9/6(火)にかけて

《セルロース系バイオマス素材利用研究実施者・地域内事業者・協議会会員》

を対象に開催しましたので、

その様子を写真と一緒にご紹介させていただきますひらめき


昨年もの開催模様についての記事はこちら↓から

http://m-brc.sblo.jp/article/163100087.html?1475470836



木目 ライン.bmp

■■■「講座1日目」■■■

写真はクリックしていただくと拡大します



もみ殻17.jpg
(開催内容/会場の様子(真庭バイオマスラボ))


最初にすこしだけ私奴が司会をさせていただきました〜かわいい


講座開催にあたり、

MBRC会長 大月氏より開会の挨拶を。


続いて、

開催地を代表して、

協議会副会長も務められている、

真庭市副市長 吉永氏より歓迎の挨拶を。

もみ殻10.jpg

(上2枚:MBRC会長 大月氏/下2枚:真庭市副市長 吉永氏)


次に、

MBRCメンバーであり、

真庭バイオマスラボ現入居企業及び入居予定企業による

真庭バイオマスラボでの研究等について発表していただきました。



もみ殻1.jpg

(左上:モリマシナリー株式会社 セルロース開発室 山本氏

右上:岡山県農林水産総合センター森林研究所木材加工研究室 野上氏

左下:真庭バイオケミカル株式会社 網屋氏

右下:FONTECR&D株式会社 市氏)



【真庭バイオマスラボ紹介】へ←


以下からは、

バイオマス利用技術発表のご紹介になります。

沢山の方々に発表していただきました。

簡単ではございますが、

写真と発表者様をプログラム順にご紹介させていただきます。



もみ殻2.jpg

岡山県立大学 小武内氏)



もみ殻3.jpg
(左上:静岡大学 村山氏、左下:名古屋工業大学 古谷氏

右上:静岡大学 上野氏、右中:秋田県立大学 栗本氏

右下:岐阜大学 伊藤氏)



もみ殻4.jpg
(左上:山口大学 Hanna氏、右上:産業技術総合研究所 遠藤氏

     左下:大阪工業大学 長尾氏、右下:近畿大学 白石氏)


もみ殻5.jpg
(トクラス株式会社 岡本氏)

一日目の発表はここまで。

続きは翌日。


発表会後は【情報交換会】が同会場にて催されました〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


情報交換会より、

真庭市 太田市長が参戦され、開会時に

歓迎のご挨拶をされました。



もみ殻11.jpg

(上:真庭市太田市長の挨拶の様子

下:情報交換会の様子)



大変有意義な交流の場となりましたexclamation×2



木目 ライン.bmp

■■■「講座2日目」■■■


2日目の午前中は引き続き、

「バイオマス利用技術」の発表でした

もみ殻6.jpg

(左上:山口大学 田之上氏、右上:静岡大学 上野氏

左下:岡山県立大学 岩竹氏、右下:岐阜大学 丹羽氏)



もみ殻7.jpg
(左:山口大学 山口氏、
中:静岡大学 太田氏、
右:同志社大学 田中氏)


以上、発表された方々のご紹介でしたexclamation


 


午後からは「真庭地域バイオマス関連施設バス見学会」



その前に、腹ごしらえを〜〜

勝山町並み保存地区内の「宮文」にて昼食レストラン



もみ殻12.jpg
(地元食材ふんだんのお弁当/昼食の様子)


「 宮 文」 

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-wHexeJJBmEU/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spot_ttl


昼食を終えたら

バス見学へGOバス


もみ殻13.jpg
(真庭バイオマス発電所−地域の木を利用した発電所−

/ランデス株式会社−木片コンクリート製品の製造−)



もみ殻18.jpg

(液肥化プラント−家庭用生ゴミを原料とする液肥の製造−)


途中、真庭市役所でトイレ・吸水タイム


その後、

真庭バイオマスラボ戻り、ラボの見学を〜


産業技術総合研究所のサテライトラボでもあるので、

産業技術総合研究所 遠藤氏より

ラボ設置機器等のご紹介していただきましたぴかぴか(新しい)


もみ殻15.jpg
(左上のみ:真庭市役所/その他写真:真庭バイオマスラボにて)

こうして2日間の講座は無事終了ダッシュ(走り出すさま)


今年は昨年よりも約20名程度も多くご参加いただいており

約60名近くの皆様にお集まりいただきましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



その皆様に「真庭バイオマスラボ」を知り、なおかつ活用していただき、

真庭のバイオマス利活用やバイオマスリファイナリー事業についてなど、

広く知っていただく事ができましたパンチ



そしてそして、なによりも今年もこのような機会をいただくことによって、

沢山のすばらしいご縁を頂戴できましたひらめき



本講座開催にあたり、事務局ご担当された

トクラス株式会社 技術開発センター 伊藤様、

参加機関の皆々様、

真庭バイオマスラボでの本講座開催、誠にありがとうございました。

この場をお借りして御礼申し上げます。



 
木目 ライン.bmp


本日も最後までお付き合いありがとうございました晴れ
このあたりで失礼します。

朝夕はめっきり涼しくなりました。
健康にはくれぐれもご留意くださいませ。




posted by 真庭バイオマスラボ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成講座

2016年08月31日

【夏の木材学習講座】へお邪魔しました!/産総研様・岡山県木材加工研究室様「スーパーマスコロイダー」での実験




003.gif


皆様、いつもご覧くださり誠にありがとうございます!
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会事務局です晴れ

気づけば・・・
8月も今日で終わり。
何とか8月中に「事務局日記」更新を死守しましたぴかぴか(新しい)
(自己満足ですが・・・あせあせ(飛び散る汗)


003.gif

本日は、タイトルにもありますが、
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会のメンバーである
【岡山県農林水産総合センター森林研究所 木材加工研究室】にて
《夏の木材学習講座》が小学生高学年を対象に、
7月30日(土)に開催され、
お邪魔してきましたのでご紹介いたします晴れ

また、産業技術総合研究所 遠藤様と
岡山県農林水産総合センター森林研究所 木材加工研究室 野上様
がラボで実験された様子もご紹介いたします晴れ


※岡山県農林水産総合センター森林研究所 木材加工研究室様ですが、
 7月より真庭バイオマスラボ入居されましたひらめき


003.gif


ではでは《夏の木材学習講座》から〜〜
【開催場所】真庭市勝山1884-2 пF0867−44−3367

CIMG2981.JPG

始めに、
河崎副センター長よりご挨拶
森林2.jpg
【 河崎副センター長 】


次に、担当の道場先生による講座スタートパンチ

森林1.jpg
【 道場先生 】


_1110875.JPG
【 木を植えてから使われるまでを学びました 】



_1110891.JPG
【 森林の働きを学びました 】



学んだ後は、
子どもたちのお楽しみの
実験です晴れ



_1110916.JPG
【 スギは針葉樹・アピトンは広葉樹 】


_1110923.JPG
【 コップに入った水の中でストローのように息を吹き込みます
まず、「スギ(針葉樹)」・・・変化はありません 】


_1110921 - コピー.JPG
【なんと!アピトン(広葉樹)のほうからは息が出てきて泡となりました! 】


子どもたちもびっくりして頭の上から「??」マークが出ていました(笑)


『どうなっているんだろう???』
ということで、顕微鏡で細胞をのぞいてみましたひらめき

 
_1110946.JPG
【 道場先生が顕微鏡のピントを合わせると〜〜〜 】



_1110938.JPG
【針葉樹の細胞 ぎっしり詰まっていてます 】

_1110942.JPG
【 広葉樹の細胞   穴だらけ〜〜 だから息も筒抜け! 】

なるほどなっとくexclamation


木をよぉ〜く知ったら、
次は《楽しい工作》

 
ここで・・・
工作の先生登場exclamation×2
_1110953.JPG




_1110868.JPG
【 工作セット一式 】

_1110959.JPG
【 一つ目:車の形の鉛筆立て 】

_1110979.JPG
【 二つ目:六角形の鉛筆立て 】


 
子どもたちは皆真剣に取り組んでいました!
出来上がったものを大事そうに持ち帰る姿がとても可愛らしくて〜ぴかぴか(新しい)

003.gif

◆◆ この講座に参加した子どもたちの感想を最後に ◆◆

○ストローの実験が楽しかった!
○初めて木材のことが分かったので良かったです。
○ヒノキの生産量が4年連続全国1位だということをはじめて知った!
○木を大切にしていきたいです。
○鉛筆立てを作るのがとても楽しかった!

003.gif

木の話のときは目を輝かせて聞き、
工作時は無駄話もせず、もくもくと作成する子ども達ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


大人の私でも、
お話を聞いていると知らなかったことなどもあったので
とても勉強になりましたひらめき


 
003.gif

 
この場をお借りして、
岡山県農林水産総合センター森林研究所 木材加工研究室 様
取材させていただき誠にありがとうございましたexclamation

003.gif

 
では、次に、
産業技術総合研究所 遠藤様と
岡山県農林水産総合センター森林研究所 木材加工研究室 野上様
での真庭バイオマスラボ設置機器
「スーパーマスコロイダー」を使用した実験の様子ですパンチ

※スーパーマスコロイダー(石臼式研磨機)
の説明は最後のほうにあります


CIMG2986.JPG
【 左:産業技術総合研究所 遠藤様
右:岡山県農林水産総合センター森林研究所 木材加工研究室 野上様 】


スーパーマスコロイダーを乾式(水を使わない)で使用中

CIMG2987.JPG
【 機械の上から材料を投入(乾式) 】


 
CIMG2985.JPG
【 湿式(水を加えて)で使用中 】

水有り無し関係なくがっちりとした作業服着用での作業exclamation
一緒に来られた方は、もはやどなたか判らないいくらいの完全防備服パンチ
目に入らないようするためゴーグルもつけると、
み〜んな同じに見えちゃいます!

DSC_0578 1.JPG
【 水と一緒に擦ると写真のように滑らかに〜 】

材料が超微粉砕されています
90%程度は水です

チョコレートフォンデュのようでしたレストラン

《スーパーマスコロイダー(増幸産業梶j》
石臼式摩砕機 (HACCP対応)
増幸産業社の「スーパーマスコロイダー」は融砕機ともいわれ、
単なる粉砕の域を越えた融けるように感じるほどの
超微粒化を可能にした摩砕機です。
間隅を自由に調整できる上下2枚の無気孔砥石(世界12ヶ国特許)によって
構成された石臼形式の超微粒摩砕機とのこと。
(増幸産業社 ホームページより)


003.gif


今日はこのあたりで失礼します。
本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました晴れ

まだしばらくは厳しい暑さや日中と夜の温度差が激しくなりそうですが、
どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいexclamation

003.gif